まかせチャオ/マモル/車検/バッテリー/オイル

まかせチャオ。点検と消耗品の交換がセットになったプランってないかしら?半年に1回の定期点検とオイル交換をお得にパック!プロが見るから安心。Hondaの定期点検パック「まかせチャオ」。ホンダ車のことは当店におまかせください。新車購入時~いつでも加入できます!法的に必要な点検と車検、Hondaが推奨する点検・整備をパックに!ホンダ車のプロによる確かな定期点検で、愛車を元気に維持します。

2017年2月時点での料金です。

車検について。お客様のライフスタイルにあわせたお値打ち車検プランを。ホンダ最新の整備情報を元に、高度にトレーニングされたメカニックがあなたのお車をチェック!お客様のライフスタイルに合わせた、選べる値引きプランをご用意しています。

2017年4月時点での料金です。

バッテリーについて。渋滞などに遭遇した時に、エアコン、ライト、くもり止め熱線などを重複して使用した場合、使用量が発電量を上回り、過放電になりやすいので注意が必要です。知ってましたか?JAFの救援での故障内容第一位は、過放電によるバッテリーあがり。滋賀県内年間約11000件。特に悪天候・渋滞時にトラブルが多いバッテリー。電気は自然に生み出されるわけではなく、車の場合エンジンの回転で発電機を駆動し、バッテリーに蓄積し、必要に応じてバッテリーから電気を供給しています。バッテリートラブルは電気を作れる量の不釣合いから発生する事が多いようです。もしものときのバッテリートラブル対処法!①周囲の人に声をかけて手伝って、車の頭同士を向きあわせた形で停めましょう。②ブースターケーブルの赤色を、自分のバッテリーのプラス端子につなぎます。③もう一つの端子を、救援車のバッテリーのプラス端子につなげます。④救援者のバッテリーのマイナス端子に、黒色のケーブルをつなぎましょう。⑤もう一つの端子を、自分のエンジンフキンのボディーにアースしてください。⑥救援者のエンジンの回転をあげてもらいます。⑦その状態で自分の車のエンジンスイッチを回して、エンジン始動させます。⑧エンジンが無事にかかったら、ケーブルを接続した順番と逆の順番ではずしていきます。
エンジンオイルの交換サイクルってどのくらいなの?車を大切に長く乗るなら約3000~5000km、走行距離が少なくても、半年に一回の割合で交換することをおすすめします!エンジンの状態によっては、オイルが減っている可能性があります。オイル不足になるとエンジンが潤滑不足になり、エンジンが焼きつく可能性もあります。加工精度が上がった現在の自動車においても、やはり新車から乗り始めは、ギアなどが馴染むときに削れた鉄粉が出るようです。オイルはそれを洗浄する役割もありますので、新車から一度も交換していないということは、かなり汚れいている可能性があります。オイルだけではなく、オイルフィルターの交換もされたほうが良いと思います。ホンダは創業以来、バイクや車、汎用エンジンの開発とともに、各エンジンに最適なエンジンオイルの研究開発を行ってきました。ウルトラオイルは、ホンダ車のベストコンディションを引き出すために専用開発されたホンダ純正エンジンオイルです。エンジン性能を最大限に引き出すためにも、車両本題の取扱説明書に記載された推奨オイルをご使用ください。

2017年2月時点での料金です。

何でもお気軽にお問合せください

10:00-19:00 水,第1火曜定休

サービス受付は18時まで

ページトップへ 店舗情報へ

MENU